後頭部神経痛とは?

後頭部神経痛とは?

後頭部神経痛では後頭部の神経に沿うように頭部の表面に痛みが出ます。神経痛は腰や関節に起こるイメージが強いですが、頭にも同様のことが起こり、頭痛の原因でもあります。目の奥が痛かったり耳の後ろが痛かったりと、痛み方は人それぞれで肩コリや耳鳴り、めまいなどを訴える人もいます。神経痛は体の不調を知らせるサインであり、後頭部神経痛は風邪や疲労が蓄積した時、肉体的または精神的ストレスを強く感じた時に発症します。痛みを取るためには休養して心身を健康にすることが基本です。しかし学校や仕事で休暇が取れない時は、鎮静剤やビタミンB12剤を服用します。後頭部神経痛は生活習慣を変えることで自然に回復することが多いですが、重大な病気が隠されていることもあります。後頭部神経痛の症状と良く似ているのが、椎骨脳底動脈解離性動脈瘤です。あまりにも頻繁に痛みが出て、治らない時は病院で詳しい検査を受けるようにします。通常の後頭部神経痛であれば、体を冷やさないようにすれば、ある程度予防できます。神経は冷やされると感受性が高くなり、少しの痛みでも強く感じるようになります。体を温めると血行が改善されるので、老廃物が押し流されて酸素や栄養素が届きます。後頭部神経痛になりやすい人は、普通の人より1枚多めに着込んだり、冷たい食べ物や飲み物を避けると良いです。神経痛に効果的な食べ物だけでは栄養が偏るので、バランスを重視した食生活を心がけます。