後頭部神経痛の原因

後頭部神経痛の原因

後頭部神経痛とは、大きく分けて3つあります。
1.大後頭部神経痛
2.小後頭部神経痛
3.大耳介神経痛
があるといわれています。
後頭部神経痛とは、頭のてっぺんや後頭部が痛くなる神経痛です。
突然、頭のてっぺんや後頭部がピリピリしたりズキズキしたり、
一瞬電気が走ったようは痛み。
ピリッとする痛みが間隔で数秒から数時間、1度痛み出すと数週間継続したり、
後頭部のしびれ、吐き気やふらつき、ブラシで髪をとかすだけでも痛い。頭を洗ってるだけでも
痛い。というものです。

 

一般的に原因は身体の調子に注意が必要という、サインといわれています。
疲れがたまっている時や、風邪をひいている時といった肉体的疲労が溜まっている
肉体的ストレスを感じるときに出やすいといわれています。
また精神的なストレスの仕事や人間関係もこの後頭部神経痛の原因とも言われています。
姿勢が悪い、季節の変わり目なとも原因といわれるときもあるようです。
ストレスによって筋肉が硬直してしまったり、神経を圧迫して、血流が
わるくなってしまうのです。
基本的には疲れをとりストレスを取り除き、心と身体を正常な状態に
もどしてあげることが必要となります。
頭の神経痛は生活習慣の乱れが原因とも言われています。
なので、日頃から規則正しい生活を心がけていることも
予防策の一つともいわれています。

 

ただ、心配なのは、後頭部神経痛に似た症状の
くも膜下出血や、脳幹、小脳梗塞などの前兆かも
しれません。病院で早めに診てもらいましょう。