偏頭痛とは?

偏頭痛とは?

偏頭痛とは頭の血管が広がって炎症を起こすことで痛みを感じる病気です。原因には様々な説がありますが、一般的なのは血管説と三叉神経血管説です。血管説とは血小板から血管を収縮させるセロトニンが放出されます。時間が経つことでセロトニンが分解され減少しますが、一度収縮した血管が拡張するので頭痛が発生します。一方、三叉神経血管説では、何らかの刺激が三叉神経に加えられ、血管を拡張する神経伝達物質が分泌されるので、痛みが起こります。偏頭痛では頭の両側が脈打つように痛み、一度症状が出ると日常生活を送れないほどひどくなることもあります。吐き気を伴うことも多いですが、痛みが治まると通常の生活に戻るので、命に関わる病気ではありません。ストレスを受け続けて突然開放された時に発症することもあります。偏頭痛は発症する時にだるくなったり甘い物を食べたくなったりと予兆が見られます。偏頭痛は痛みを抑える薬と発症を予防する薬があります。病院ではエルゴタミン製剤やトリプタン系薬剤が処方され、市販の鎮痛剤で対処できる場合も多いです。治療薬を月に10日以上服用すると、かえって頭痛がするため最も効果的な薬を選択しなければなりません。女性は生理が始まる2日前から生理の3日目までに偏頭痛になることが多いです。エストロゲンの分泌量が急に変わると起こりやすいので、エストロゲンが変動しない妊娠中は症状が出ないで、出産後に再び痛み始めます。