偏頭痛の原因

偏頭痛の原因

偏頭痛は、頭部の血管が拡張し、炎症を起こすことで痛みが発生する仕組みです。偏頭痛が発生する原因には、血管説や三叉神経血管説などがあります。
血管説とは、頭部の血管が拡張することにより頭痛が引き起こされると考える説です。血小板から血管を収縮させる作用のあるセロトニンが放出されることで、一旦、脳の血管が収縮します。その後、時間が経過するにつれ、セロトニンが分解され減少していくことで、一度収縮した血管が拡張され頭痛が起こるというものです。
三叉神経血管説とは、脳神経の中でももっとも大きい顔面周辺の感覚をつかさどっている三叉神経が関与している説です。なんらかの刺激により三叉神経が刺激され、三叉神経の末端より血管を拡張させる作用のある様々な神経伝達物質が分泌されます。その結果、それらの神経伝達物質の働きにより拡張した血管や発生した炎症が神経を刺激することで痛みが引き起こされるというものです。
また、ストレスによってもセロトニンが増えるため、ストレスが溜まっていると偏頭痛を引き起こす原因になります。そのため、ストレスが溜まるような生活の乱れや睡眠不足が続いていると偏頭痛が起こりやすくなります。自分なりのストレス発散法を見つけることも大切です。人によっては、チョコレートやワイン、チーズなどを食べることで、偏頭痛が発生する人もいます。頭痛と特定の食べ物の関連がわかっている場合は、その食品は避けるように心がけます。